未分類

サクラ スターオー 有馬記念

ID: 8MTxDc3yg5, 2012/11/17(土) 14:18:17 ID: VPfrxJR3CF, 2012/09/08(土) 01:31:25 ID: FMq2jUhSBM, 2013/05/14(火) 02:02:53 ID: dSzLaJPV2n, 2012/09/08(土) 14:17:29 東騎手は主戦騎手が騎乗できない場合の「代打」としての騎乗が非常に多く、「代打屋」と称されていた。しかし今回は事情が事情だけに、東騎手は以後サクラスターオーの主戦騎手となった。, こうして迎えた弥生賞では単勝18.9倍の6番人気であったが、サクラスターオーは東騎手の元、鋭い末脚を見せて快勝した。勝ちタイムも2分2秒1と優秀であり、一躍皐月賞の有力馬となった。, 弥生賞でのサクラスターオーの勝利に、生産牧場の牧場長、藤原祥三氏も喜んだ。自身がミルクを与えるなど苦労して育てたサクラスターオーは思い入れが強く、「今後どれだけ活躍してくれるのかな」と期待していたという。 その象徴がサクラスターオーだった。左前繋靭帯不全断裂。通常なら安楽死処分になる重傷を負いながら、有馬記念の後、5月12日でまで懸命な闘病生活を送った。結局苦しんだだけというのは結果論。関係者の努力は、すなわちスターオーの戦いである。 スターロツチが生まれる前年の1956年、8戦8勝という圧倒的な成績を残し、最優秀3歳牡馬に輝いた馬がいた。それがスターロツチの半兄にあたるライジングウイナーである。 このライジングウイナー、スターロツチの誕生年である1957年に4歳になると突然勝ちきれなくなったものの、それでも重賞で2着4回と活躍し、5歳時には京都記念(春)を勝っている活躍馬と言っても差し支えない馬だった。 血統がモノをいう競馬の世界ではそんなライジングウイナーの半妹であるスターロツチに期待がかかるのは … ・・・ただ、ここで平井厩舎にサクラスターオーが分け与えられたということは、彼が境厩舎のエースではなかったことを如実に表している(お祝いの馬なので駄馬扱いでもなかったことも表しているが)。事実、この時点で境厩舎のエースと目されていたのは、トウショウボーイとシンザンの血を受け継ぐサクラロータリーという馬だった。, サクラスターオーは3歳10月にデビューし、デビュー戦は2着、その後中1週の2戦目で勝ち上がったが、脚部不安を発症して4カ月の休養を余儀なくされる。その間にサクラロータリーはより甚大な故障を発症して引退していた。境師涙目。 サクラスターオーは日本の競走馬。1987年、皐月賞、菊花賞に優勝した二冠馬。同年の年度代表馬およびJRA賞最優秀4歳牡馬(旧称。現在のJRA賞最優秀3歳牡馬)。 自己紹介. サクラチトセオーは、日本の元競走馬、種牡馬である。 1995年のjra賞最優秀5歳以上牡馬(部門名は当時)。 半妹にサクラキャンドル(エリザベス女王杯優勝馬)がいる。 主戦騎手は小島太。. サクラスターオーの有馬記念から自分の馬券的中の為に競走中止等を願うのを止め, サクラチヨノオーの勝った東京優駿で紐が全く勝ち負けにならない虚しさから必ず単勝を買うようになり, サクラスターオーの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 サクラスターオー(1984年5月2日生~1988年5月12日)とは、日本の元競走馬で、1987年の皐月賞と菊花賞を制した二冠馬である。 ID: uWGCjzP/LT, 2013/03/12(火) 23:44:06 1: 名無しマン id:v96lqc520 jcが神メンバーによる神レースだったしもう今年はやらなくていいだろ 2: 名無しマン id:m//a9bbw0 クロノとフィエールマンで堅そうだし確かに盛 サクラスターオーがプレイヤー所有で、1987年の有馬記念で勝利しており故障していない; 四歳時も現役続行する; 史実イベント. ID: uWGCjzP/LT, 2014/07/13(日) 21:21:04 血統は 父サクラショウリ 母サクラスマイル 母父インターメゾ 父はシンボリルドルフらと同じパーソロンの産駒で、日本ダービーと宝塚記念を制した実績を持つ馬。 母は優秀な牝系として子孫が活躍を続けるスターロツチ系の1頭。重賞勝ちこそないものの29戦4勝の成績を上げ、その牝系から繁殖牝馬として期待されていた。 当時の内国産種牡馬冷遇の事情から考えると母の相手として父の実績はやや物足りなさを感じるが、名前からも分かる通り、両親ともサクラ軍団ことさくらコマース(当時の代表・全 … そして勝負どころの2周目の4コーナー、サクラスターオーは内に空いた進路を進もうとした。しかしその瞬間、「バキッ」という音とともにバランスを崩し、失速していった。今度こそ、観衆から本物の悲鳴が上がった。, サクラスターオーに下された診断は「左前脚繋靭帯不全断裂、第1指関節脱臼」。競走馬の脱臼は粉砕骨折と並ぶ致命傷で、通常なら(GI馬とか、そういうことは関係なく)間違いなく予後不良、安楽死となる所であったが、サクラスターオーの下にかけつけたオーナーの全氏は「何とか生かしてくれ、費用はいくらでも出す」と懇願したという。 鋭い切れ味を誇る差し脚を武器に活躍し、1995年の天皇賞(秋)を制した。 第3コーナー通過直後にサクラスターオーが脚部に故障発生。第4コーナー通過後に騎手の東信二が異変を確認して下馬。 1着は人気薄のメジロデュレンと2着はユーワジェームスとの4枠同士のゾロ目馬券で、連複 は163倍の当時としては超大穴の配当に。 乳母となって育ちましたが、そのスターロツチもサクラスターオー 平井雄二厩舎所属、主戦騎手は小島太騎手→東信二騎手。競走成績は7戦4勝。, ※当記事は、サクラスターオーの活躍した時代の表記に合わせて、年齢を旧表記(現表記+1歳)で表記します。, 血統は 父サクラショウリ 母サクラスマイル 母父インターメゾ こうして不安を抱えながらも菊花賞の舞台、京都へ向かったサクラスターオー、万が一のために馬運車を用意し、獣医の許可も直前調教でようやくおりるという、いつ出走取り消しとなってもおかしくない程の綱渡りの菊花賞出走となった。, 上記のような状況ではサクラスターオーが二冠馬となる予想など立てられるはずもなく、2番手以下が混戦模様だったにもかかわらず、菊花賞でのサクラスターオーは単勝14.9倍の9番人気にとどまった。二冠の期待をかけられていたのはセントライト記念(GII)を快勝して順調に駒を進めてきた圧倒的1番人気の日本ダービー馬・メリーナイス(単勝2.2倍)の方であった。, しかし、菊花賞が始まると、メリーナイスの方が休み明けの馬の如く終始掛かりっぱなしになり、そのまま自滅(9着)した。かたやサクラスターオーは掛かることなく、王道の競馬で3コーナーから抜群の手ごたえで進出して直線半ばで先頭に立つと、後続のゴールドシチーらの追撃をしのぎ、「菊の季節に桜が満開!!菊の季節に桜!サクラスターオーです!」という杉本清アナウンサーの名実況と共に菊花賞を制し、「最も強い馬」の称号を勝ち取ったのである。, 菊花賞がかなり無理を押しての出走であったため、当初は年内休養を予定していた。しかし有馬記念のファン投票でぶっちぎりの1位となる、他にスターホースが不在、などといった理由で、JRAの方からも有馬記念出走を要請されたという。調教の様子は悪かったが、もともと調教駆けしない馬らしく、脚の状態もみるみる良くなっていったため、有馬記念出走を決めた。, 有馬記念はいきなり波乱から始まった。ダービー馬メリーナイスがスタート直後にいきなり落馬したのである。馬券的な悲鳴は上がったが空馬になったままとことこ走るメリーナイスはどこか笑いを誘うものであった。そうこの時点では・・・ 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/11/23(月) 16:05:46.41 ID:2ZtXu4+T0 今年の活躍が期待されましたが、天皇賞・春は体調が整わず回避することになりました。 友道師 菊花賞ってダメージの ID: prUFBXmlsc, 2012/12/05(水) 18:25:46 まだ乳離れしていなかったサクラスターオーは功労馬生活をしていたスターロツチを乳母として育ち、牧場長の藤原祥三氏が自らミルクを与えて育てたという。そういう経緯もあって、サクラスターオーは早くから乳離れをして牧草を食べるようになったという。, スターロツチはサクラスターオーが牧場を離れ、調教生活を開始すると、自身の最後の役割を終えたかのようにこの世を去った。30歳という大往生であった。, サクラ軍団と言えば境勝太郎調教師との関係が深く、サクラスターオーも当初は境厩舎所属の予定であったが、サクラ軍団の馬によく騎乗してくれていた平井雄二騎手が調教師生活を始めるということで、サクラ軍団代表の全氏から境師に「開業祝いとして自分の馬を平井師に分けてやってほしい」と要請があり、そこで境師は平井師にサクラスターオーを分け与えたため、平井厩舎所属として走ることとなった。 このサイトは、株式会社セガ・インタラクティブの競馬メダルゲーム “StarHorse3-スターホース3-” の公式Webサイトです。 StarHorse に関するご意見は、 スタホチーム までお送りください(返信は致しかねますのでご了承ください)。 なんと、全氏から「(小島)太をスターオーの鞍上から降ろせ」という要請が来たのだ。当時全氏と小島騎手の間で対立が深まっており、その結果での要請なのだが、何しろその要請が来たのが弥生賞の出馬投票の前日であったため、調教師になったばかりの平井師は「ちょw」と大慌てとなった。境師に相談した結果、新たな鞍上として推薦されたのが、東騎手である。 ID: KPlWBeCbaJ, 2019/10/13(日) 23:15:42 母は優秀な牝系として子孫が活躍を続けるスターロツチ系の1頭。重賞勝ちこそないものの29戦4勝の成績を上げ、その牝系から繁殖牝馬として期待されていた。 サクラスターオーが生まれてすぐ母サクラスマイルが亡くなりサクラスターオーは母の愛情を知らずに育ちました。 母馬と死別したのは本当に不幸ですが僕がサクラスターオーのことが大好きになった理由はやっぱりその血統からでした。 しかし、藤原氏は弥生賞の1週間後に脳梗塞(脳血栓)で倒れ、57歳の若さで還らぬ人となった。藤原氏がサクラスターオーのGIレースでの活躍を目にする機会はなかったのである(´;ω;`), そんな中迎えた皐月賞。サクラスターオーは2番人気で、1番人気は寒梅賞でサクラスターオーを下し、スプリングS(GII)を直線ごぼう抜きだけで圧勝したマティリアルである。レースは1000m通過が59.5と早めのペースで進んだ。サクラスターオーとマティリアルはどちらも道中は後ろの方から競馬をするタイプの馬でこのペースは歓迎だが、マティリアルの方はスタートの失敗が祟ってか、それとも調子が落ちていたのか、馬群を抜け出すのに苦労していた。それを尻目に馬群の外に持ち出したサクラスターオーはそのまま馬群を突き放し、見事「最も速い馬」を決めるとされる皐月賞の栄冠を勝ち取り、亡き育ての親に勝利を捧げたのである。, 皐月賞の快勝っぷりに、ダービーもサクラスターオー優位と見られていたが、ここでサクラスターオーは繋靱帯炎を発症、「最も幸運な馬」を決める日本ダービーは出走断念を余儀なくされた。, その間のプール調教では心肺能力の高さを見せつけていたが、肝心の脚はなかなか良くならず、美浦の厩舎に戻ってきたのは菊花賞トライアルが始まる9月も半ばにさしかかったころであった。 サクラスターオーは中団の内でレースを進めるも、2週目の4コーナー手前で靭帯断裂と脱臼を発症し競争中止に。 4歳牡馬のクラシックホースが2頭ともゴールが出来ないという大波乱になってしまったのだ。 サクラスターオーは日本の競走馬。1987年、皐月賞、菊花賞に優勝した二冠馬。同年の年度代表馬およびJRA賞最優秀4歳牡馬(旧称。現在のJRA賞最優秀3歳牡馬)。, 生まれて間もなく母を失ったという出自、6か月半の休み明け・9番人気で臨んだ菊花賞での劇的な勝利、直後の有馬記念での悲劇から過酷な闘病生活を経て安楽死に至るまで、今なおその名は悲運の名馬として競馬ファンに語り継がれている。, 名前は「サクラ」が冠名、「スターオー」は育ての親である名牝スターロツチ(オークス・有馬記念を制した4代母)に因んでいる。父サクラショウリは、日本ダービー・宝塚記念を制しており、母サクラスマイルは、サクラシンゲキの半妹に当たり、現役時代はラジオたんぱ賞・エリザベス女王杯で3着の実績がある。, スターオーの生後約2か月後の7月15日、サクラスマイルは腸捻転の為に唯一の産駒スターオーを残して急逝。そのため、スターオーはスターロツチを乳母として育つが、そのスターロツチもサクラスターオーが3歳(1986年8月7日)の時に死亡している。, 1986年10月5日デビュー戦の新馬戦を鞍上小島太で2着、2戦目の新馬戦を優勝したのち、骨膜炎に罹り4か月の休養となる。, 2月の寒梅賞から復帰し、マティリアルの5着となる。その後弥生賞に出走。本来ならば引き続き小島太が騎乗するはずだったが、この頃小島が他のオーナーとも専属契約を結んだことに対する全演植の制裁かつ抗議の行為により降板させられた為に境勝太郎厩舎の東信二に乗り替わり、6番人気で優勝する。4月19日に行われた第47回皐月賞は2番人気で優勝する。表彰式ではシンボリルドルフで岡部幸雄がやったように東も指を一本立てて「一冠目」をアピールした。しかし、皐月賞後に繋靱帯炎を発症し、東京優駿(日本ダービー)の出走をあきらめ、6か月半の休養。治療のために日本中央競馬会競走馬総合研究所常磐支所(いわき温泉)に入所する。, 9月15日美浦トレーニングセンター帰厩。そして11月8日に京都競馬場で行われた第48回菊花賞で、9番人気ながら復活勝利を果たす。当時あまり例がなかった、長期休養明け初戦でのGIレースの勝利になった。関西テレビの杉本清アナウンサーによる「菊の季節にサクラが満開!!菊の季節にサクラ!!サクラスターオーです! サクラスターオーは、故障発生! メリーナイスは、落馬して、まだ放馬しております! 1987年の有馬記念より、キタサンタが、落馬、放馬、故障あるかな? ID: MVo3WoIbXA, https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AA%E3%83%BC, 推奨環境:Edge, Safari, Chrome, Firefox, Opera いずれかの最新版, ディズニー ツイステッドワンダーランド、寮長のねんどろいどフィギュア、ガチでヤバいと話題に, 2021年、まさかのTVアニメ化決定の「終末のハーレム」、メインキャラクター・周防美来が描かれたティザービジュアル公開!, 空き家の庭から保護した子猫トリオ ウルウルな瞳で首をかしげる姿が反則級にかわいい!. この日の調教を任された東騎手、彼から出た言葉は・・・「これなら大丈夫です!」 父はシンボリルドルフらと同じパーソロンの産駒で、日本ダービーと宝塚記念を制した実績を持つ馬。 有馬記念に優勝する等、競馬史上に残る名牝スターロッチが. 脚の腫れはなかなか引かず、そんな間に菊花賞トライアルは全て終わってしまった。そのころからようやく快方には向かってきたものの、オーナー全氏はぶっつけでの菊花賞出走は否定的であった。しかしこれまでスポットライトとは無縁であった平井師のクラシックへのこだわりは強く、なんとか出走させたいと思っていた。, 出否の決まらぬまま迎えた、菊花賞の1週前調教。結局全氏の出した結論は「この日の調教内容で決める。少しでも不安があったら回避する」である。 サクラという冠がついた馬が数多く走っていましたね。 その主戦を努めていたのが小島太やこの東信二でした。 サクラスターオーの掲示板です。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。 ID: 7Pzs5CudvS, 2013/11/27(水) 23:12:19 そう、勝ったのは東信二騎乗のサクラスターオーという馬でした。 当時はまだサクラコマースの馬が全盛でもあり. 大舞台に輝く星 5月2週or11月1週; サクラスターオーの馬名を変更しておらず、スターオーが自家生産ではない したサクラスターオーは、数奇な運命を辿った名馬でした。 生後まもなく母サクラスマイルが急逝したため、オークスや. サクラスターオーが故障した時は、どんな雰囲気だったんだろ? 22: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/12/09(月) 18:05:31.02 ID:WtaQ5qR00 >>13 4歳2月の寒梅賞で復帰するが、皐月賞でライバルとなるマティリアルの5着に敗れる。クラシック戦線に浮上するために格上挑戦で弥生賞(GII)に挑戦することになったがここで事件が起きる。 サクラスターオーの有馬記念から自分の馬券的中の為に競走中止等を願うのを止め, サクラチヨノオーの勝った東京優駿で紐が全く勝ち負けにならない虚しさから必ず単勝を買うようになり, 当時の内国産種牡馬冷遇の事情から考えると母の相手として父の実績はやや物足りなさを感じるが、名前からも分かる通り、両親ともサクラ軍団ことさくらコマース(当時の代表・全演植氏)の所有馬であった馬であり、オーナー冥利に尽きる配合として選んだのであろう。, しかし、サクラスターオーが生まれてから2ヶ月後、サクラスマイルは腸捻転を発症して放牧中に突如倒れ、そのまま死亡してしまった。牧場スタッフが異変に気付いて駆けつけた時、サクラスターオーは倒れた母の体を懸命に起こそうとしていたという(´;ω;`) 有馬記念(3歳以上オープン 国際・指定 定量 2500m芝・右)は、日本中央競馬会(jra)が中山競馬場で毎年12月最終週に施行する重賞競走(gⅠ)である。1年の総決算であり、このレースを引退レースとする … 全氏は1950年代から馬主をしており、同じく致命傷を負い、延命処置が施されたテンポイントの末路を知らないはずがない。それでもこの懇願をした理由について、全氏は、「スターオーは、私の息子も同然なんです」と語っている。, こうしてサクラスターオーの延命処置が始まった。しかし、徐々にではあるが衰弱していった。テンポイント同様ボルトを埋め込む手術も施されたが、症状は改善せず、衰弱を止めることもできず、ついには起き上がろうとした際に新たな脱臼を発症したため、1988年5月12日に安楽死の処置を取られた(´;ω;`), あまりに多くの悲しみに彩られた名馬、サクラスターオー。オグリキャップ以前の馬であることからあまり知られていない馬であるが、競馬を知る者としては、一度は触れておいてほしい名馬だと思う。, 2012/03/26(月) 02:12:58 !」はこの菊花賞競走の実況において出た言葉であり、彼の名実況のひとつとして有名である。, 本来ならばこのまま休養に入り、翌年の天皇賞を目指す筈であった。だが、ミホシンザン[1]等の有力馬の引退や不在故に目玉となる馬の出走を望んだファンとJRAの熱心な依頼などもあり、12月27日に中山競馬場で行われた第32回有馬記念に出走する事になった。追い切りの時計が遅かったため、状態の悪化が危惧されたものの、レース当日は脚部不安を抱えていたとは思えない良好な状態だった。, だが、1番人気を背負ったサクラスターオーは、2周目4コーナーで左前脚繋靱帯断裂・第一指関節脱臼を発症し競走中止。この事故については、馬自身の脚部不安によるものと多くの競馬記事や読物では語られているが、一方では脚部不安は関係なく、他馬の疾走で芝生の上にできた脚跡の穴にスターオーの脚が引っ掛かってしまったものとも言われている[2]。本来なら予後不良と診断され安楽死処分となるところを、ファンの助命嘆願とせめて種牡馬として復帰できる可能性を模索したオーナーの意志により、厩舎での長い闘病生活に入ることとなる。, このレースでは、その年の東京優駿(日本ダービー)優勝馬で3番人気のメリーナイスがスタート直後に落馬し、(旧)4歳牡馬クラシック優勝馬が揃って競走中止となった。またこのレースでは連勝複式(現在の枠番連勝式)が163倍の大穴となるなどの大波乱のレースとなった。, 1月19日、サクラスターオーが1987年のJRA賞年度代表馬、最優秀4歳牡馬に選ばれる。この頃、闘病中のサクラスターオーの厩舎にはファンから多くの激励の手紙や千羽鶴などが届けられていた。4月8日、患部にスチールプレートを埋め込みボルトで固定する手術が行われる。しかし手当ての甲斐なく、5月12日脚が体重を支えきれなくなり、立ち上がろうとした際右前脚第一、第二指関節脱臼を発症。自力での起立が不可能となり、午後10時過ぎ安楽死の措置が取られた。, 母サクラスマイルの半兄にサクラシンゲキ(父ドン)、半弟にサクラユタカオー(父テスコボーイ)がいる。, 第2回 ウアルドマイン / 第3回 セントライト / 第4回 アルバイト / 第5回 ダイヱレク / 第6回 クリヤマト / 第7回 トキツカゼ / 第8回 ヒデヒカリ / 第9回 トサミドリ, 第10回 クモノハナ / 第11回 トキノミノル / 第12回 クリノハナ / 第13回 ボストニアン / 第14回 ダイナナホウシユウ / 第15回 ケゴン / 第16回 ヘキラク / 第17回 カズヨシ / 第18回 タイセイホープ / 第19回 ウイルデイール, 第20回 コダマ / 第21回 シンツバメ / 第22回 ヤマノオー / 第23回 メイズイ / 第24回 シンザン / 第25回 チトセオー / 第26回 ニホンピローエース / 第27回 リュウズキ / 第28回 マーチス / 第29回 ワイルドモア, 第30回 タニノムーティエ / 第31回 ヒカルイマイ / 第32回 ランドプリンス / 第33回 ハイセイコー / 第34回 キタノカチドキ / 第35回 カブラヤオー / 第36回 トウショウボーイ / 第37回 ハードバージ / 第38回 ファンタスト / 第39回 ビンゴガルー, 第40回 ハワイアンイメージ / 第41回 カツトップエース / 第42回 アズマハンター / 第43回 ミスターシービー / 第44回 シンボリルドルフ / 第45回 ミホシンザン / 第46回 ダイナコスモス / 第47回 サクラスターオー / 第48回 ヤエノムテキ / 第49回 ドクタースパート, 第50回 ハクタイセイ / 第51回 トウカイテイオー / 第52回 ミホノブルボン / 第53回 ナリタタイシン / 第54回 ナリタブライアン / 第55回 ジェニュイン / 第56回 イシノサンデー / 第57回 サニーブライアン / 第58回 セイウンスカイ / 第59回 テイエムオペラオー, 第60回 エアシャカール / 第61回 アグネスタキオン / 第62回 ノーリーズン / 第63回 ネオユニヴァース / 第64回 ダイワメジャー / 第65回 ディープインパクト / 第66回 メイショウサムソン / 第67回 ヴィクトリー / 第68回 キャプテントゥーレ / 第69回 アンライバルド, 第70回 ヴィクトワールピサ / 第71回 オルフェーヴル / 第72回 ゴールドシップ / 第73回 ロゴタイプ / 第74回 イスラボニータ / 第75回 ドゥラメンテ / 第76回 ディーマジェスティ / 第77回 アルアイン / 第78回 エポカドーロ / 第79回 サートゥルナーリア, 第3回 テツザクラ / 第4回 セントライト / 第5回 ハヤタケ / 第6回 クリフジ / 第7回 アヅマライ / 第8回 ブラウニー / 第9回 ニユーフオード / 第10回 トサミドリ, 第11回 ハイレコード / 第12回 トラツクオー / 第13回 セントオー / 第14回 ハクリヨウ / 第15回 ダイナナホウシユウ / 第16回 メイヂヒカリ / 第17回 キタノオー / 第18回 ラプソデー / 第19回 コマヒカリ / 第20回 ハククラマ, 第21回 キタノオーザ / 第22回 アズマテンラン / 第23回 ヒロキミ / 第24回 グレートヨルカ / 第25回 シンザン / 第26回 ダイコーター / 第27回 ナスノコトブキ / 第28回 ニツトエイト / 第29回 アサカオー / 第30回 アカネテンリュウ, 第31回 ダテテンリュウ / 第32回 ニホンピロムーテー / 第33回 イシノヒカル / 第34回 タケホープ / 第35回 キタノカチドキ / 第36回 コクサイプリンス / 第37回 グリーングラス / 第38回 プレストウコウ / 第39回 インターグシケン / 第40回 ハシハーミット, 第41回 ノースガスト / 第42回 ミナガワマンナ / 第43回 ホリスキー / 第44回 ミスターシービー / 第45回 シンボリルドルフ / 第46回 ミホシンザン / 第47回 メジロデュレン / 第48回 サクラスターオー / 第49回 スーパークリーク / 第50回 バンブービギン, 第51回 メジロマックイーン / 第52回 レオダーバン / 第53回 ライスシャワー / 第54回 ビワハヤヒデ / 第55回 ナリタブライアン / 第56回 マヤノトップガン / 第57回 ダンスインザダーク / 第58回 マチカネフクキタル / 第59回 セイウンスカイ / 第60回 ナリタトップロード, 第61回 エアシャカール / 第62回 マンハッタンカフェ / 第63回 ヒシミラクル / 第64回 ザッツザプレンティ / 第65回 デルタブルース / 第66回 ディープインパクト / 第67回 ソングオブウインド / 第68回 アサクサキングス / 第69回 オウケンブルースリ / 第70回 スリーロールス, 第71回 ビッグウィーク / 第72回 オルフェーヴル / 第73回 ゴールドシップ / 第74回 エピファネイア / 第75回 トーホウジャッカル / 第76回 キタサンブラック / 第77回 サトノダイヤモンド / 第78回 キセキ / 第79回 フィエールマン / 第80回 ワールドプレミア, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=サクラスターオー&oldid=78732334.

東金 ラーメン ぼのぼの, パワプロ2020 マイライフ 彼女 おすすめ, アメリカ サンドイッチ チーズ 種類, Nba 視聴率 低下, プロ野球 コーチ 種類, こんな夜に 日本酒 評価, 東武ホテルレバント東京 スタンダード ツイン, ホットケーキミックス ガトーショコラ パウンド型,

-未分類

© 2020 無料テーマ「STINGER」 Powered by AFFINGER5