未分類

シリア 市民 生活

リアでは,2011 年にアサド政権の退陣を求 める市民の運動を,政府が徹底的に弾圧したこと をきっかけとして,内戦が始まった.それから 7 年間が経過しているが,紛争は泥沼化しており, 収束の道筋はいまだに見えていない.内戦によっ リア全土で37万人以上とも言われ,国内避難民は620万人以上と国内の人道上,危機的状態が続いている。 リアの人々は生きています。空爆や地上戦は今も毎日のように続いており、国内避難民キャンプ、病院、学校、市場など、市民の生活の場が攻撃の対象になっています。 シリア内戦(シリア騒乱)について見ていきます。内戦の原因から難民の状況などを確認して、シリア史上未曾有と言われる紛争についての理解を深めていきましょう。, シリア内戦(シリア騒乱)は、2011年から現在(2018年9月)まで続く、シリアの歴史上で「最悪」とっても過言でないかもしれない紛争。, 残虐行為を幾度も起こして世界中にテロの脅威をもたらしたイスラム国(IS)や、アサド大統領による独裁、アメリカやロシア、他にも近隣の中東諸国の介入など、多くの組織や国が入り乱れたことで、非常に多くの市民が犠牲になりました。, この記事は「シリア内戦とは何なのか?」をテーマに、原因や内戦によって生まれた難民達の状況などを見ていこうと思います。, シリア内戦とは、別名「シリア騒乱」としても知られる、21世紀最大の人道的危機の一つで、2011年に北アフリカのチュニジアに端を発したアラブの春から派生して起こった、シリア国内の内戦または武力衝突。, 当初は、シリアの事実上の独裁政権となっていたアサド政権を批判するための市民による抗議活動から始まったものですが、状況がエスカレートしたことでアサド政権、反体制派とその同盟組織、イスラム過激派組織「IS」、トルコ、イラン、サウジアラビア、ロシア、アメリカなど、数多くの組織や人々が入り乱れるようになった、シリアの歴史上「未曾有の内戦」です。, 加えて、シリアを舞台にしながら、各国の代理戦争の様相を呈しているの、シリア内戦の特徴と言えます。, 民主的な反体制運動から拡大してしまった、同地域を舞台にした様々な組織や人々による利権や覇権を巡る武力衝突または暴力行為、そしてそれに伴う国内の混乱, シリアは2000年から同国の大統領に就任した、バッシャール・アル=アサドによって統治されていました。, 大統領に就任する前のアサドは、「腐敗との戦い」を標榜し、当時のシリア政府の腐敗の一掃や、各分野の改革を訴えていましたが、いざ大統領に就任すると徐々に独裁的な側面を見せ始め、シリア市民がどんなに困窮しようとも、自らの権力を守るような政治に固執していくようになります。, そして時は流れ、アラブ諸国における民主社会を求める運動として2010年12月にチュニジアから始まった「アラブの春」に乗じて、2011年にはシリアの市民の一部(特に若者たち)が、アサドの独裁に反対するために立ち上がります。, しかし、この一連の抗議運動はシリアで政権を変えるまでには至らず、政府は抗議運動に関わった者を厳しく処罰し、時には殺害しました。, この一連の騒動が引き金になり、より多くの市民がアサドの独裁政治に立ち向かおうと行動を開始します。, その結果、反体制派の人々や組織は次第に、シリア国内の地域の一部をコントロール出来るほどまで拡大していき、シリア国内はアサドに反対する反体制派とその同盟組織による地域と、アサド大統領とその軍事下に置かれた体制派の地域とに分かれていきました。, そして、この二つのグループの対立が徐々に加熱していった結果、トルコ、イラン、サウジアラビアなどの近隣諸国をも次第に巻き込んでいくことになったのです。, さらにシリア内戦を悪化させたのが、イスラム教の教えに沿った国家の樹立を中東諸国全土に目指すとした、イスラム過激派組織「IS(イスラム国、ISIS、ISILとも呼ばれるがここではISに統一する)」の台頭。, アサド政権によるコントロールが効かない無政府状態の隙をついて現れ、同時にSNSなどのインターネットを上手に利用することで、シリア国外から多くの参加者を取り組んで拡大したのです。, そして、ISはシリア内戦の中でも特に残虐な戦いや行為を繰り返したため、シリア国内の状況を酷く悪化させることになります。, ISの力が大きくなってアサド政権も苦戦し始めると、ISの影響を他国も無視できない状況となり、アメリカを始めとした多国籍軍やロシアがISを掃討する目的で空爆による介入を開始します。, 結果、ISの力をかなり削ぐことに成功して形勢は政府軍側へ傾き、次々とISによって支配されていた地域を取り戻していきました。, しかし今度は、盛り返してきたアサド政権とその支持勢力により、反体制派や少数派のクルド人に対する武力または暴力行為(化学兵器も用いられたと言われる)がエスカレートするなど、現在(2018年現在)まで、力関係は変化しながらも国内の混乱は収まっていません。, 加えて、アメリカが反政府軍を、ロシアがアサド政権を支援しているため、これもまた、シリア内戦を長期化させる原因になってしまっているのです(アメリカはオバマ政権の下で、CIAのトレーニングを通じてシリア反乱軍を支援し、一方のロシアはアサド政権を支援したことで、国際政治において大きな影響力を持つ2国間の代理戦争となった)。, 見てきたようにシリア内戦は未曾有の混乱が続く、暴力的で悲惨な内戦となってしまい、その中では何十万(50万人弱の人が殺害され、そこには約5万5千人の子供が含まれるとされる)の人々が殺害され、また何百万もの人々が住む場所を失ったとされます。, 加えて、住む場所を失っていなかった市民の多くも、度重なる紛争と膨れ続ける死者を目の当たりにした結果、故郷を後にせざるをえませんでした。, そして、住む場所を失った人や自ら故郷を後にした人々が難民となり、周辺国やヨーロッパ各国に大量に押し寄せた結果、各国はこの難民問題に四苦八苦する状況になってしまったのです。, そんなシリア難民の状況を理解するためにも、彼らの行き先や状況に関して、WorldVisionが公開している情報を以下に掲載しておきます。, シリア内戦に関してはまた、これから触れていく5つのことも抑えておくと、より全体像が分かりやすくなると思います。, シリア内戦はイスラム教の異なった宗派(スンニ派とシーア派)による、代理戦争となっている側面も持っています。, まず覚えておきたいのが、アサド大統領はシーア派の一派とされるアラウィー派の人間という点。, そのため、近隣諸国のうちシーア派が多数を占めるイランはアサド政権側につき、将校や物資を政府側に供給しました。, それに対し、トルコ、サウジアラビア、ヨルダンなどのスンニ派が多数を占める近隣諸国は、イランに対抗するためにも反乱軍を支援したのです。, シリア内戦では異なる思惑を持つ組織や国家が入り乱れるような状況になっており、それぞれが敵対しあうこともあれば、協力しあうこともありますが、IS掃討はほぼ全ての組織や国家が一致した瞬間でした。, 例えば、アメリカとロシアはそれぞれ異なる勢力を支援してきたわけですが、ISを打倒する点では一致しています。, また、シリアのクルド人はシリアの北部と北東部に半自治区を持ち、政府側にも他の反体制派にもついていませんでしたが、ISと戦う上では連携しています。, このことは見方を変えると、それだけISの攻略は難しく、当初は苦戦していたことの裏返しでもあります。, シリア内戦においては、主にISの残虐行為が目立っていましたが、政府軍や反乱軍による残虐行為も忘れてはなりません。, まず、シリア内戦の中で、アサド政権は市民に対して化学兵器を用いたと批判されています。, アサド大統領や政府軍はそのような主張を否定していますが、ヒューマンライツウォッチなどの国際的なNGOは、シリア政府が国民に対してサリンなどの化学兵器を用いたと報告しています。, さらに、あまり強調されることはありませんが、シリア政府軍やISと同様に、反体制派の反乱軍による犯罪行為も存在しています。, 近年、自国第一主義が欧米諸国で目立った時期がありましたが、これは各国内の経済状況などに加えて、難民問題によって加速した可能性もあるのではないでしょうか。, ヨーロッパへ一気に大量の難民が押し寄せた時期と同じくして、ヨーロッパ各国では右翼ポピュリズム政党が頭角を表すようになりました。, ヨーロッパ圏の経済成長が鈍化していた中で、大量の難民が押し寄せてきたことで、多くの国民が不安に駆られ、保護主義や愛国心を訴える政治家が支持されたのだと思います。, 国外へ難民として流出した人以外にも、国内で避難民となった人間も含まれば、シリア内戦でおよそ1100〜1200万人の人々が強制退去を余儀なくされたと考えられており、これは、戦争前のシリア人口の半分近くです。, 一方で、強制退去したものの、シリア国内に残っている人はまだ600万人近くいるとされますが、安心して住む場所もない状況下で、非常に脆弱で不安定な生活を送っています。, しかも、国際援助団体も紛争地帯に入ることは容易ではないため、海外からの支援もままならない状況なのです。, 最後にシリア内戦の経過を時系列に追って、また、各時期に共通するポイントにまとめて分けながら紹介しておきます。, この内戦はシリアの独裁者アサド大統領に対する抗議から始まり、様々な組織や国が入り乱れることで複雑化して長期化してしまっています。, 長引く内戦が多くの死亡者だけでなく、多くの難民を生み出す結果となり、人道的にも最悪な出来事の一つなのです。, 当サイトは当サイトのメイン管理人である「ハリマン」が、内向きになりつつある日本人をもう少しだけ外向きにしたいという思いで運営しています。 さらに詳しくは下のホームボタンをクリックしてください。. リア人はもう家族のだれかを誰かに殺されている状態であるという悲惨な状況です。 元々は豊かで生活水準も高い国であったため、「普通のひと」が戦争によって難民になってしまったのです。 Copyright © The Asahi Shimbun Company. リア危機が始まって、もう9年。アブドライが生まれて、まだ9年。 「父さんは、食べ物を探しに行った。そしてそれが、最後になった」 レバノンのテントで避難生活を送るアブドライの成績はクラスで2番。「お医者さんになりたいです。 リアの首都ダマスカスのダマスカス大学を訪ねた時のことを思い出しました。 同じように、聞こえてきた砲撃の音に驚いていると、学生の一人が「大丈夫ですよ。気にしていたら日常生活を送れなくなります。 リア難民について報告したパレスチナ子どものキャンペーン(ccp)の講演会には、立ち見がでるほどの人が参加した。 No reproduction or republication without written permission. リアではアサド大統領による独裁政権が40年にも渡って続いていました。国民の不満は既にかなり溜まっており、中東に広がっていたアラブの春の動きを受け、民主化運動への契機が高まっていきます。 リア難民. 2015年、レバノンは隣国から移動する難民に対してビザ制度を導入して抑制をかける動きを見せた。 Šæ€¥äººé“支援を必要としています。また、2016年末までに国内で避難する人の数が870万人に上ると見られています。 矢木 隆晴 朝日新聞映像報道部, 内戦の続くシリア北部「アレッポ」は、史上最悪の激戦地と言われています。そんな場所で見かけたのは、友人同士、頰を寄せ合ってスマホで自撮りをする女性たち。現地の学生とは「進撃の巨人」で盛り上がり……。戦争という異常の中で見たのは、“普段の生活”を続けようとする現地の人々のたくましさでした。(朝日新聞国際報道カメラマン・矢木隆晴), 国際観光都市アレッポには、戦争が始まる前、約300万人が住んでいました。しかし、2012年夏頃から紛争が激しくなっていきました。 反政府グループがアレッポの東側を、政府側が西側を抑え、激しい市街戦を繰り広げました。主な戦場になったのは東側。シリア軍やロシア軍が空爆や砲撃で攻撃しました。 火力で政府軍に劣る反政府グループは、トンネルを掘ったり、廃墟に隠れたりして持久戦を展開したわけです。ついに、政府側はロシアの協力を得て、昨年12月に東側を「制圧」しました。 アレッポの戦いは、「現代における最も壊滅的な紛争のひとつ」(赤十字国際委員会のマウラー総裁)で、数万人の市民が犠牲になったと考えられています。, わたしが同僚の春日芳晃記者(朝日新聞イスタンブール支局長)とアレッポを取材で訪れたのは、今年1月8日。「東側」に入ると、街は破壊され尽くしていました。 政府側が収容した後だったのか、戦闘で犠牲になった遺体を見ることはありませんでした。しかし、見たところ8~9割の建物が、爆弾や砲弾でなんらかの被害を受けていたように思います。日本とさほど変わらない都市が壊滅しているのは、複雑な気持ちになりました。 「当たり前の生活が、人の手で壊される」怖さというか……。不謹慎な言い方かもしれませんが、子どもの頃に読んだ漫画「北斗の拳」に出てくる街そのものでした。街の「色」を失って荒廃した町並みが広がっていました。, 海外で取材をしていると、日本では想像しえないことによく出会います。こんな地獄のような状況でも、それは起きました。 アレッポ東部の旧市街地区にある世界遺産「アレッポ城」の近くを車で走っていると、10代か20代前半の女子たちが、ピンク色の自撮り棒にスマホをセットし、顔を寄せ合ってセルフィー写真を撮っていたのです。 アレッポ城は、反政府グループの拠点の一つでした。城の外観を見る限りそれほど破壊されているように見えませんが、周囲は同じく「北斗の拳」の様相です。歴史ある旧市街の建物が崩れ落ちています。, 「紛争があっただけで、暮らしているのは私たちと何も変わらない市民なんだ」と気づかされました。 この時だけではありません。続いてがれきの街を歩いていると、老若男女問わず「おー、写真撮ろうよ」とよく声をかけられます。ニコニコとなんとも人なつっこい笑顔!肩を組んで、スマホでセルフィーを撮ります。 わたしも「アナ、ヤバニ(私は日本人です)」、「シュクラン(ありがとう)」とカタコトのアラビア語で返すと、彼らはとても驚き、一気に仲良くなります。 長らく続く戦闘の舞台になっていたことから、アレッポ城周辺の旧市街には市民も近づくことができませんでした。 ようやく戦いがおさまったことから、多くの人々が心配して訪れていました。がれきの片付けなども徐々に始まって、ほっとした表情を見せる人々もいました。, 紛争時には閉鎖されていた小学校も、授業が徐々に再開されています。旧市街で取材したある学校では児童が帰り際に国家を歌っていました。その時です。「ズーン・・・」 砲撃のような音が聞こえてきました。アレッポ市内での戦闘は終了しているので、音は郊外からだと思われますが、身が縮みます。しかし、子どもたちは誰一人表情も変えず、歌い続けていました。 以前、シリアの首都ダマスカスのダマスカス大学を訪ねた時のことを思い出しました。 同じように、聞こえてきた砲撃の音に驚いていると、学生の一人が「大丈夫ですよ。気にしていたら日常生活を送れなくなります。だから、気にしないようにしています」と話していました。, 戦争が続くシリアでも日本のマンガやアニメは深く浸透しています。「進撃の巨人」や「ワンピース」「Naruto」「ドラえもん」などは誰もが知っています。 日本人とシリア人の「共通言語」となり、初めて会った人ともマンガの話題で盛り上がります。 またアレッポにあるアレッポ大学の学術交流日本センターでは、約60人の学生が日本語を学んでいました。中には、なんと紛争中も関わらずオリジナルのマンガを描き続けている学生たちもいたのです。, 学校に行けたり、スマホを持っていたりする人たちは、「比較的」恵まれた状況にいるのかもしれません。しかし、アレッポでは西側も含めて断水が続くなど、戦争が始まる前の「普通の状況」ではありません。 彼らの中にも、知人や友人、親族を亡くしたり、住居など大切な何かを失ったりした人はいるはずです。 そんな中でも、戦争が始まる前の「日常」が、存在していました。非日常的な出来事が続く中でも「日常」を送ろうとすることは、異常な状態で生きていくための、ある種の「適応」なのかもしれません。 日常と異常が混在した状況。それが、アレッポで見たリアルでした。. リアにおける感染拡大は紛争が一つの原因であると言える。 紛争は北西部、北東部の感染拡大にも影響を及ぼしている。 リアの事実上の独裁政権となっていたアサド政権を批判するための市民による抗議活動から始まったものですが、状況がエスカレ… リア国内での活動は、市民生活のあらゆる場面を支えています。 ェルター生活の子どもたち 電気も水もなく一日一食(写真4枚+地図・2018å¹´3月1日) リア国内避難民及び市民の生活環境の改善及び基本的な社会サービスへのアクセス向上等をはかり,人道状況の改善に寄与するものです。 アレッポ城のお堀の塀に立って自撮り棒でセルフィーを撮る女性たち。戦闘が続いていた旧市街にも、ようやく訪れることができるようになりました, 世界遺産に登録されている「古代都市アレッポ」の大モスクにて休憩する老夫婦。「そのカメラで写真を撮ってくれ」と頼まれました。戦闘の舞台となったモスク内はがれきが散乱していました, 再開したアレッポ旧市街の小学校で国歌を歌う児童たち。この時、砲撃のような音が聞こえましたが、子どもたちは歌い続けていました, オリジナルの漫画を描くアレッポ大学の学生たち。画材などを日本から援助してもらったそうです。写真中央の女子学生、バスマさんは「悩みや喜びなど、シリア人の思いをマンガで表現したいです」と日本語で説明してくれました. 者救出という任務を放棄したことを受けた動きで、2012年末に8県に約100のセンターを設置するかたちで … リア難民の割合をみると、大都市よりも田舎町のほうが高くなってい … リアの首都ダマスカス近郊地域に住む人々は、この地域から武装勢力が排除され、治安が確立された後、自宅に … チョークポイントとはどのような概念を指すのでしょうか?海洋国家にとっては重要な戦略的要衝となるチョークポイントについて詳しく見ていきましょう。 複雑な国際社会において国の安全を考えていく上では、国際政治や国際関係において重要な... インド経済の成長について見ていきます。特に、今後の成長に影響を与えるであろう国内経済の特徴を中心に、理解を深めていきましょう。 南アジアに位置する大国インドは、中国に次いで第2位の人口規模を誇ると同時に、2018年現在では世界... 現代社会で暗躍した(暗躍してきた)有名な武器商人を10名紹介していきます。死の商人とも言われる人物も含めた武器商人達です。 世界では今だに戦争が絶えません。 世界大戦規模の戦争は、第二次世界大戦以降起こっていないものの、... 世界に数ある諜報機関の中でも、その能力が高いと言われるスパイ組織・諜報機関を10個紹介していきます。実在するスパイ組織を確認していきましょう。 国外を担当するスパイ組織または諜報機関は、海外からの潜在的な脅威に対する防衛の最前... カシミール地方とカシミール問題(紛争)をそれぞれ解説していきます。インド、パキスタン、中国が関わる地域と、そこで起こる領土問題に関して詳しく見ていきましょう。 雪に覆われたヒマラヤとカラコルム山脈に囲まれた場所には、カシミール... 大の柔道好きであり、世界的にも有名な柔道家という側面も持っており、柔道がプーチンに与えた影響は実は計り知れないものがあるかもしれません。プーチンと柔道というテーマで、プーチンにとって柔道はどのような存在なのかを考えていこうと思います。, ミハイル・ゴルバチョフ大統領|ペレストロイカやグラスノスチを主導しソ連崩壊を導いた人物, アサド政権、反体制派とその同盟組織、イスラム過激派組織「IS」、トルコ、イラン、サウジアラビア、ロシア、アメリカなど、数多くの組織や人々が入り乱れるようになった, 大統領に就任すると徐々に独裁的な側面を見せ始め、シリア市民がどんなに困窮しようとも、自らの権力を守るような政治に固執していくようになります, (アメリカはオバマ政権の下で、CIAのトレーニングを通じてシリア反乱軍を支援し、一方のロシアはアサド政権を支援したことで、国際政治において大きな影響力を持つ2国間の代理戦争となった), シリア難民およそ560万人のうちほとんどが、陸地か海を渡って近隣諸国へ渡っている。また大半は中東に残っている, シリア難民が大量にヨーロッパへ流れ込んだ「ヨーロッパ難民問題」は2015年がピークであり、当時は最大で130万人がヨーロッパへ押し寄せた。しかし、それ以降は激減している。, アメリカは2011年10月から2016年の末までに18000人のシリア難民を受け入れた, シリア内戦とは?原因や難民状況を追っていく。シリア騒乱と呼ばれる未曾有の紛争についてのまとめ, 90%のシリア難民は難民キャンプの外に住んでり、また、基本的なサービスへのアクセスはほとんどない, 現地コミュニティに上手く溶け込んでいるが、難民が大量に押し寄せた結果、現地のサービスへ大きな負担が掛かっている, 南部のダルアーで、政治犯の釈放を求めて抗議デモを行っていた市民に対し軍隊が発砲して多数の死傷者が出る, これに反応してアサド大統領は融和政策として複数の政治犯を釈放し、また議会を解散させることで、なんとか緊急事態を脱する, 陸軍の戦車が、反体制派の抗議運動を制圧する目的でダルアー、バニヤース、ホムス、そしてダマスカス郊外に突入, 国際原子力機関(IAEA)の監視機関が、シリアが秘密裏に原子炉を開発しているとして国連安全保障理事会に報告することを決定, 北部の県ハマーで起こった大規模デモの後、アサド大統領がその地域の知事を解雇し、さらにデモ鎮圧と秩序回復のため軍隊を送り込む, アラブ連盟はシリアがアラブ平和計画を遂行していないとして、シリアを連盟から除名することを決議し、経済制裁を課す, 国連安全保障理事会は、国連理事長コフィ・アナンによって作成された拘束力のない平和計画を承認する, シリアがトルコ機を爆撃したため、トルコは対シリア路線を変更し、シリア軍がトルコ国境に近づくことがあればその行為を軍事的な威嚇とみなすと発表, 自由シリア軍がダマスカスにおいて国防相など3人を殺害し、さらに北部の都市アレッポの一部を制圧する, また、アメリカのオバマ大統領が、化学兵器の使用があればアメリカが軍事介入することも厭わないと警告する, イスラム原理主義者の民兵組織は除外されるが、アラブ連盟による完全承認には至らなかった, アメリカ、イギリス、フランス、トルコ、そして湾岸諸国がシリア国民連合をシリア国民の「正式な代表者」として認める, この基地には、ヒズボラがレバノンに向けた対空ミサイルの護衛隊を集結していたと考えられている, 国連武器査察官はダマスカスのグータ地域における戦闘で8月に化学兵器が使用され、その結果300人近くが犠牲になったと結論づけるが、その責任を負わせることはしなかった, シリア政府は国連が化学兵器を破壊することに同意、2014年6月までにその作業は完了する, イスラム原理主義者の反乱軍が、西側諸国によって支援されていた自由シリア軍の基地を占領したとの報告を受け、国連とイギリスは北部の反乱勢力に対する「非殺傷」支援を見送ることを決定, シリア政府軍とヒズボラが、レバノン国境近くにある反乱軍の最後の砦であるヤブルードを取り返す, イラクのISとシリアの過激派が、アレッポからイラク東部のディヤーラー県までの地域でカリフ制の国家を建設すると発表, ISがシリア中部に位置する古代都市パルミラを制圧し、イスラム時代以前の世界遺産である遺跡の多くを破壊する, 反体制派のイスラム武装組織であるファトフ軍(ジャイシュ・アル・ファトフ)がイドリブ県を支配下におさめ、政府側の牙城であった港湾都市ラタキアに圧力をかける, ロシア側はISをターゲットにしていると言うが、西欧諸国とシリアの反体制派は反政府勢力を標的にしているのではないかとロシアを非難する, シリア政府軍がロシアの援助を受け、ISに占領されていたパルミラを奪還することに成功するが、同年12月に再び追い出される, 反体制派と協力して、ISの過激派とクルド人勢力を国境地域から追い出すために、トルコ軍がシリアに入る, ロシア空軍とイランが支援する民兵組織のサポートを受けたシリア政府軍が、シリア最大の都市であるアレッポの奪還に成功, ロシア、イラン、そしてトルコはカザフスタンにおける交渉の結果、政府とイスラム過激派ではない反体制派との間の停戦に合意する, ドナルド・トランプ大統領は、シリア政府が反体制派掌握の町カーン・シェイクンに対する化学兵器攻撃を指揮した空軍基地に対してミサイル攻撃を加えるように命令する, YPGは反体制派として反体制派の主要組織であるシリア民主軍と協力して戦っており、共に重要なタブカ・ダム(ユーフラテス・ダム)をISから奪還した, アメリカが支援していたシリア民主軍を攻撃したと考えられるシリアの戦闘機を、ラッカ付近でアメリカが撃墜する, レバノンの過激派ヒズボラとシリア政府軍は、レバノンとシリアの国境付近のアーサル地域からジハーディスト(聖戦士集団)を追い出すための軍事作戦を開始, シリアとイラクの当局は、減少しつつあるもののまだ残っているISの勢力地域に圧力をかける, ロシアのプーチン大統領がシリアを訪問し、ISに対する戦闘ミッションは完結したと発表する, シリア政府軍はロシアの支援を受け、未だに反体制派が制圧している北西部のイドリブ県の奪還作戦を続ける, トルコがアフリーン周辺を制圧しているクルド人反体制派を追い出すために北部シリアを攻撃, シリア政府軍は、ダマスカス付近の反体制派の最後の要塞である東グータ地域に激しい攻撃を仕掛ける, 東グータ地域の最大都市ドゥーマで化学兵器が使われた疑いが生じ、これに反応してアメリカ、イギリス、フランスがシリアに対し懲罰的なミサイル攻撃を数度加える. All rights reserved.

Outlook 仕分けルール 転送 エラー, キャベツ 塩昆布 レンジ チーズ, Audacity エフェクト 使えない, スイッチ 画面 おかしい, Iphone 水シミ 乾燥剤, 大学受験 塾 費用, クリスタ ブラシ 保存場所, アイシングクッキー 教室 安い, 玉川高島屋 地下 お菓子, ハリーポッター 金曜ロードショー カット, 玉川高島屋 地下 お菓子, パワーディレクター 音楽 ダウンロード,

-未分類

© 2020 無料テーマ「STINGER」 Powered by AFFINGER5