未分類

ハンス=ディーター フリック 戦術

バイエルンを今季三冠に導いた、フリック監督 ハンス=ディーター・フリック監督は、シーズン途中に就任している。1 11月に前任のニコ・コバチが辞任した時点では暫定監督だった。� ハンス=ディーター・フリック(Hans-Dieter Flick,1965年 2月24日 - )は、ドイツ(西ドイツ)・ハイデルベルク出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。 現役時代のポジションはミッドフィールダー。現在はFCバイエルン・ミュンヘンの監督を務めている。 ハンス=ディーターフリックの成長年: ドイツのマネージャーは、ドイツのネッカーゲミュントの町の近所であるミュッケンロックで育ちました。 近所はミュージシャンやサッカー選手の繁殖で有名です。 ドイツの家族のブログに話す; 「 子供を強くする 」とマネージャーはかつて言った。 火曜日にブンデスリーガ第32節が行われ、FCバイエルンがヴェルダー・ブレーメンに勝利し8シーズン連続の優勝を決めた。去年あたりからブンデスリーガもバイエルン一強状態にやや陰りが見えてきただけでなく、今季に関しては打倒バイエルン一番手であるドルトムント大型補強を敢行しており、ここ数シーズンとは異なる拮抗した展開が予想されていた。, 事実FCバイエルンは11月には監督のニコ・コバチを解任し12月には一時7位にまで転落するなど大苦戦を強いられた。しかし、この状態を立て直したのがコバチの後釜に就任したハンス=ディーター・フリック(通称ハンジ・フリック)である。フリックはコバチのアシスタントであったが、コバチの更迭に伴って監督に昇格という形になった。, そして、このフリックが就任後のFCバイエルンはブンデスリーガ史上最高の勝率を記録し、今シーズンも例の如くの優勝に漕ぎ着けた訳である。フリックは既に契約を2023年まで延長し、FCバイエルンはここ数年で懸案事項だった監督人事を願っても無い形で解決する事にも成功した。, このフリックであるが、1955年生まれの55歳、選手時代はFCバイエルンでプレーした事もある実力者であり、28歳の若さで引退後2003年に監督のライセンスを取得した。この監督アカデミーをフリックは同期でトップの成績で卒業しており、サッカー界では知る人ぞ知る人物であった事は間違いない。しかし、フリックがブンデスリーガの監督として表舞台に出てきたのは今季が初になる。, フリックの名が世間に知られるようになったのは、2006年にドイツ代表のアシスタント・コーチに就任してからであろう。その後ドイツ代表は順調に強化されていき、再び世界の強豪の仲間入りを果たす。そして、2014年W杯で遂に優勝した。, このW杯において有名な逸話が、フリックが監督のレーヴの意向に反してセットプレーを特に重要視し、トレーニングを主導した事である。事実ドイツ代表は2010年以降殆どセットプレーで得点する事はなく、あくまでも華麗なパスワークで相手の守備陣を崩す事に主眼を置いていた。, しかし、このフリックの慧眼により、ドイツはこの大会の全18得点中5点をセットプレーから決めた。特に準々決勝フランス戦のフンメルスのヘディングでの先制点、準決勝ブラジル戦コーナキックからミュラーの先制点は非常に大きかったと言える。, フリックはこの優勝でもってアシスタントコーチから退いたが、その後のドイツ代表はどうだったか。ヨアヒム・レーヴは再び華麗な攻撃サッカーに回帰し、セットプレーでの得点は殆どなくなった。それどころかEURO2016はマリオ・ゲッツェの偽9番に失敗し、2018W杯はポゼッションサッカーのドグマから脱却できずグループリーグで敗退した。, こうしてみると実は目立たないけれど、ドイツ代表においてもフリックの功績は非常に大きかったのではないかと思えてくる。フリックは長年レーヴの華麗な攻撃サッカーをサポートしながらも、その高い理想が絵に描いた餅にならないように腐心していたのかも知れない。少なくとも、2014年のドイツ代表の優勝において、フリックのセットプレーのトレーニングは確実にキーポイントになった。, その後フリックは現場から離れ、DFBのスポーツディレクターに就任、2017年にはフリックの地元でもあるTSGホッフェンハイムの取締役に就任した。つまり、フリックは監督として現場一筋の人間ではないという事だ。, 更に個人的に興味深いのが、フリックは現役選手を引退した直後に自らのスポーツ店を開いて2017年まで経営を続けていた事である。スポーツ選手が引退後にこのようなビジネスをするのは珍しい事ではないかも知れないが、フリックはこの商売を家族経営で22年間続けていた。真剣にしなければ、そんなに長い期間店を続けることなどできない。開店当初は自らが店舗に立って接客もしていたそうだ。, 本人の過去のインタビューや、その人を知る人の談話を調べてわかることは、フリックは誰からも好かれる気さくな性格で、地に足をつけた堅実な人物だと言う事である。長年世間の脚光を浴びる事はなかったが、こうしたさまざまな経験がフリックの人間性を育てた事は間違いないだろう。, そしてそのフリックが特に尊敬してやまない監督がユップ・ハインケスである。事実フリックは選手時代にハインケスの指導を受けており2度のチャンピオンに輝いている。特にその選手との接し方に非常に大きな影響を受けており、多くのFCバイエルンの関係者もフリックとハインケスが非常によく似たタイプである事を指摘している。, 戦術的な面でもフリックは4-2-3-1のシステムで、攻守のバランスの取れた、非常に堅実なサッカーを実践している印象を持っており、この点でもフリックは非常にハインケスに近いと言える。今季はチャンピオンズリーグが新型コロナで中断されているのでちょっとサンプルが少ないが、7月4日にDFBカップの決勝があるので、フリックがこの重要な試合でどんな采配を見せるか注目したい。, キャプテンとして絶大な権力を持っていたバラックだが、2010年W杯直前の負傷で遂に落日の時が訪れた。しかし、このバラックの処遇は監督のレーヴにとって一筋縄ではいかない厄介な事態に発展する事になる。, ドイツの攻撃を抑えるなら起点となるクロースを徹底マークするのが定石だが、昨日のチェコ戦は後方のフンメルスとボアテングが起点になった。特にフンメルスのパス能力はDFとしては傑出している。, ドイツは韓国に0ー2で敗れ、長いサッカーW杯の歴史で初めてグループリーグで敗退した。これは選手の不調だけが原因ではない。監督であるヨアヒム・レーヴはチームマネジメントを誤った事は明らかだ。, トーマス・トゥヘルはドルトムントをDFBカップ優勝に導き5年ぶりのタイトルをもたらしたが、明らかに人心掌握に失敗している。キャプテンのシュメルツァーのコメントがそれを象徴しているだろう。, 新監督アンチェロッティの下で出場機会を得られていない「非売品」トーマス・ミュラーの不遇はクラブの政治的な問題になる可能性がある。これで結果がでなければアンチェロッティの早期更迭に繋がるかもしれない。, 1998年から2006年のドイツは低迷期だったが、その中でもどん底の試合がこのポルトガル戦だ。個々の選手のレベルの低さに加え、戦術自体が存在しないと言える程酷かった。, 2018W杯はポゼッションサッカーのドグマから脱却できずグループリーグで敗退した。. サッカー名将列伝第12回 ハンス=ディーター・フリック革新的な戦術や魅力的なサッカー、無類の勝負強さで、見る者を熱くさせてきた、サッカー界の名将の仕事を紹介する。今回は、先のチャンピオンズ … バイエルン・ミュンヘンの元スペイン代表MFハビ・マルティネスは今シーズン限りで同クラブを退団するようだ。30日、『EUROSPORT』が報じている。 32歳となったマルティネスは今シーズン開始前にもバイエルン退団が噂 … Continue reading "バイエルンMFハビ・マルティネス、クラブ退団へ … 前回はニコの辞任までを解説したので、今回は元コーチで新たに監督に就任したハンス・ディーター・フリックの人選について話していきたいと思います。 まずハンジ・フリックことハンス・ディーター・フリックは、一昨シーズンからコーチとしてバイエルンに招聘されました。 「Google急上昇検索ワード関連の重要な記事6件あり」 1.FIFA年間最優秀選手賞の候補者11名が発表! 3大会得点王のレヴァンドフスキら(BIGLOBEニュース) / 2.ノイアーやアリソン、クルトワら…FIFA年間最優秀GK賞の候補者6 バイエルンの戦術 戦術面では、バイエルンはしばらくの間、コバチ前監督の4-3-3をベースにしていた。しかし最近フリック監督はこのシステムに手を加え、4-2-3-1または3-4-3を採用することが多くなった。 通常、システ … Continue reading "フリック監督率いるバイエルンの新たな輝き。レバンド … 一時7位にまで低迷したFCバイエルンであるが、新監督フリックの就任で復活し今季もブンデスリーガ優勝に漕ぎ着けた。就任以降24戦21勝という驚異的な勝率で逆転優勝に導いたその手腕が絶賛されている。 ハンス=ディーター・フリック(ドイツ/バイエルン・ミュンヘン) ユルゲン・クロップ(ドイツ/リバプール) フレン・ロペテギ(スペイン� サッカー名将列伝第12回 ハンス=ディーター・フリック革新的な戦術や魅力的なサッカー、無類の勝負強さで、見る者を熱くさせてきた、サッカー界の名将の仕事を紹介する。今回は、先のチャンピオンズリーグで優勝したバイエルンのハンス=ディーター・フリック。 バイエルンを今季三冠に導いた、フリック監督 ハンス=ディーター・フリック監督は、シーズン途中に就任している。1 11月に前任のニコ・コバチが辞任した時点では暫定監督だった。� ハンス=ディーター・フリック(Hans-Dieter Flick,1965年 2月24日 - )は、ドイツ(西ドイツ)・ハイデルベルク出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー。 監督は、ドイツ人のハンス=ディーター・フリック。下部リーグの監督を数年務めた後、ドイツ代表やバイエルン・ミュンヘンなどでアシスタントコーチを務めていましたが、2019-20年シーズンの最初の10試合で前任のコバチ監督が成績不振で解任 前回はニコの辞任までを解説したので、今回は元コーチで新たに監督に就任したハンス・ディーター・フリックの人選について話していきたいと思います。, まずハンジ・フリックことハンス・ディーター・フリックは、一昨シーズンからコーチとしてバイエルンに招聘されました。彼はもともとドイツ代表で監督ヨアヒム・レーヴの右腕として活躍していた優秀な副官でしが、コバチ政権のナンバー2はニコ・コバチの弟、ロベルト・コバチが務めていた為、確かな実力を認められ招聘されたハンジ・フリックが実質的なナンバー3のような格好となってしまいました。しかしニコは不振で辞任し、ようやく彼にチャンスが回ってきます。彼の戦術戦略はニココバチ政権とは一線を画すものとなりました。, ニココバチ政権でのフォーメーションは基本4231。トップ下にはバルセロナからレンタル加入したコウチーニョを配置していました。新戦力コウチーニョ加入により、ドイツそしてバイエルンの象徴の一人でもあったトーマス・ミュラーがベンチに座る機会がかなり増え、移籍の噂も出ていました。しかし、フリックの就任により彼は再びチャンスを得ます。コバチ解任後フリックが最初に使ったフォーメーションは4123。インサイドハーフにミュラーとゴレツカを配置しました。もちろんコウチーニョを戦力外としたわけではありませんが「これがバイエルンだ」と言っているかのような配置だと私は感じました。再びポジションを与えられたミュラー、彼の働きは素晴らしいものでした。攻撃時は二列目から出ていきセカンドストライカー的なふるまいをしたり、ウイングが張ったときのニアサイドをランニングして折り返したり。守備時もしっかりブロックも埋める働きをし、出し手としてカウンターの起点にもなり続けました。彼はピッチで再び自分の価値を示したのです。またユーティリティ性も彼のストロングポイントのひとつです。トップ、セカンドストライカー、右ウイング、トップ下、インサイドハーフ、どこに置かれても高いレベルのプレーが可能なミュラーはフリック政権で必要不可欠な存在の一人になったのです。, フリックが暫定監督となり、すぐにでも改善しなければならなかった点、それは主力が負傷により離脱していた最終ラインでしょう。スタメンだったジューレやリュカエルナンデスが負傷離脱しており、コバチ政権では本職右サイドバックのパヴァ―ルと本職中盤のハビマルティネスがセンターバックを務めていましたが、強敵を相手にすると守備面の弱さが露呈するシーンが多くありました。そこでフリックは本職左サイドバックのダビドアラバを左のセンターバックにコンバートします。身長が大きい訳でも対人守備が得意なわけでもないサイドバックをセンターバックに使った暫定監督に、多くのサポーターは失望したと思います。しかしアラバは良い意味でそれを裏切ってくれました。フリック体制になり、よりポゼッションを重視していたバイエルン、それに順応したのです。もともと左足から繰り出される正確無比なクロスやロングボールが魅力だった彼は、最終ラインを上げ、高い位置でボールをさばきながらタイミングを見て裏に抜ける前線の選手に正確なフィードを送り、多くの得点チャンスを演出しました。もちろん本職サイドバックの選手なので守備面の不安がありましたが、戦術理解度の高さや判断の良さでカウンターも器用に処理し、センターバックとして新たな定位置を築くことに成功しました。, フリック政権になり必要不可欠になった選手は他にもいます。それは19歳のカナダ人、アルフォンソ・デイヴィスです。彼は本来ウイングの選手でしたが、強豪バイエルンではウイングで定位置を得ることはとても難しく、満足な出場機会は得られませんでした。そんな中、けが人が多く出たセンターバックに左サイドバックをやっていたアラバがコンバートされた為、左サイドバックに空きができ、1列ポジションを下げた彼が起用される機会が増えることになりました。そしてこの19歳はとてつもない成長を見せます。フリックの使った左肩上がりの可変によって高い位置を取るシーンが増えたこの超攻撃的サイドバックは、持ち前のスピードで攻撃陣を助けつつ、精度がどんどん上がってきていたクロスでアシストを連発しました。今となってはブンデスリーガでレヴァークーゼン所属のカイ・ハフェルツやドルトムント所属のジェイドン・サンチョに匹敵するほどまでに市場価値を上げたといえるでしょう。, 直近のバイエルンは、整理された可変と持ち前の攻撃力による大量得点が特徴です。このバイエルンで絶対的エースレヴァンドフスキとともに得点を量産しているのが、セルジュニャブリです。右利きのドイツ代表ウインガーはコバチ政権では右サイドに置かれ、サイドバックのキミッヒやパヴァ―ルとコンビネーションしながらサイドを崩したり、持ち前のスピードとドリブル能力で縦突破を多くしていた選手ですが、フリック政権では左サイドでのプレーが増えました。更に、左サイドバックのデイヴィスが高い位置を取るため、彼はよりゴールに近い内側にポジションを取り、セカンドストライカーのようなプレーをし始めます。リバプールのサラーに近いイメージですかね。それによりレヴァンドフスキとのコンビネーションやカットインからのシュート、スピードを活かしたカウンターでゴールを量産し、左ウイングに定位置を得ることになったのです。, バイエルンをはじめとするブンデスリーガのクラブチームを中心にサッカーの戦術や人選の目的を考察しています!同じ意見を持ってくれる方も反対の意見を持ってくれる方もその意見を是非コメントしてみてください!戦術を理解して、より良いサッカー観戦をしていきましょう!. ウイイレアプリ2021のハンジ フリック監督の戦術やフォーメーションなどをまとめていますので、ハンジ フリック監督に興味がある方はチェックしてみてください。それではまずウイイレアプリ2021のハンジ フリック監督のステータスから紹介していきます。 バイエルンのハンス=ディーター・フリック監督はペリシッチの獲得を熱望していたこともあり、同選手に対して「彼の成績と3冠に対する貢献に感謝したい。彼との仕事は素晴らしいものだった。リスボンでのCLで彼はクオリティを証明した」

大竹しのぶ インスタ さんま, 西武 ドラフト 渡辺, 皇后杯 関東予選 2020, ライザップ カップ麺 Amazon, ダーツ フライト 一体型, フォンダンショコラ カップ レンジ, 小栗旬 三浦春馬 ブログ, ワールドカップ 日本代表 歴代,

-未分類

© 2020 無料テーマ「STINGER」 Powered by AFFINGER5